フラッププロジェクト始動!

 

この度、京都府船井郡京丹波町にてフラッププロジェクト(以下、FPとします)を始動いたしました。

いきなりですが、私達はFPという活動は、特別なことではないと考えています。
人が生きていく営みの中で、極当たり前のように行われるべき行為だと捉えています。

何らかのタスキの掛け違いにより引き起こされた結果、必要がないと排除された慣習であると仮定するならば、今はそれらの慣習はやはり必要だと感じたために再構築することにしたという程度のことだと捉えています。

ただ、何事においても再構築を行う際には、同じことを繰り返さないためにも敬意と問題点をひとつひとつ洗い出し、それらの修正課題を明確にすることが必要となりますので、すぐに結果が出ることではございません。

FPに参加してくれる子供達の成長と共に育み続けることが必要だと思っています。
また、この試行錯誤も問題解決に関する思考力の向上のために、FPに参加する子供達とも共有しています。

この様に仕事をしている大人が、家族やその周りに関わる人のために当たり前に頑張っていることを、少しだけ論理的に解釈することで、当たり前にやっていることが特別なことへと変化し、やがて子供達の興味の思考を刺激する特効薬となるのです。

これらの活きた教材を「地域教育」という、再構築された慣習にすることを目指しています。

これらの地味な作業を続けていくには、発起人数人だけの力では限界があり、協力・応援・支援していただける皆様の力が必要不可欠なのは明確です。


 
最終更新日:2019/07/07(日)23:23