3つの視点のお話

 

フラッププロジェクトが大切にしているのは、「支援型」「参加型」「応援型」という3つの視点です。

これは受講する生徒の方々にとって大切なことではなく、受講生以外でフラッププロジェクトに関わっていただいている方々に大切にしていただいている視点のことです。

1の視点 支援型プロジェクト

支援型プロジェクトとは、学ぶために必要な教材をお仕事のご依頼という形でご支援いただくプロジェクトのことです。

お仕事のご依頼という形で、受講生達が得た技術や知識を実戦形式でリトライを繰り返す場所やきっかけの場所となります。

またそれらの体験を通して興味のある職種のことを学ぶだけでなく、実際に得た仕事での出会いを通した人との繋がりは今後の活動における宝物となります。

そして、そのご依頼の際に得た収益の一部は、フラッププロジェクトに参加したいものの諸事情により、参加することが難しい子供達の誰もが学べるように支援いたします。

2の視点 参加型プロジェクト

参加型プロジェクトとは、学ぶための場所や機会を講師という形でご支援いただくプロジェクトのことです。

講師というと難易度が高いように思われるかも知れませんが、特別なことをするのではなく、ありのままの姿に近い状況下でお手伝いさせていただける環境をご提供いただくことで、その場所は最高の教育現場となります。

見た目だけではない仕事の大変さも含めた生業をもっと実質的に感じることで、将来に繋がる仕事のことを改めて考えるそんな機会にもなります。
また、そこで出会った人々との繋がりは、新しい発見や人材確保など様々な形であなたのお仕事の後押しになることでしょう!

3の視点 応援型プロジェクト

応援型プロジェクトとは、フラッププロジェクトの広告塔となり、様々な場所でフラッププロジェクトのことを応援していただくプロジェクトです。

このプロジェクトは特に参加の意思表示は必要ございませんが、応援していただくためのツールや素材などのご提案をしていただければ、それは1の視点 として新たなフラッププロジェクトへと進化します。

皆様からのお申込みをお待ちしております。


 
最終更新日:2021/07/26(月)17:34